ガタケット135に行ってきました

8/23;コスプレガタケット33、8/24;ガタケット135 に参加しました。
広島・福山市の自宅を6:00に出発
朝一番の7:35広島空港発(ANA672便)で羽田へ
羽田からモノレールで東京へ
東京発10:16(MAXとき317号)で新潟駅に辿り着いたのが12:21
新潟新幹線.JPG 新潟駅.JPG
さらにバスで新潟市産業新港センターに到着。 ほぼ7時間かかりました。
ガタケット代表の坂田さんと武田さんに、あいさつを済ませ
この日はコスプレガタケットなので、コスプレ撮影に参戦。
新潟・箱学00.jpg
実は初挑戦のコスプレ撮影で、こちらがビビってしまい
レフ板もなく(準備不足)、仕上がりがイマイチなのはお許しください。
「新潟の箱根学園」の選手だけは、撮影して帰ろうと思っていたでホッとしています。
コルプレ撮影スペース.JPG 新潟ドール.JPG
コスプレガタケットは、撮影スペースが充実して背景が豊富なので、楽しめますね。
そして二日目。ガタケット当日は、もちろん同人誌即売会。
昨日につづきコスプレーヤーの皆様も来場し、にぎわいは倍増。
地元ゆるキャラも参戦して、会場を盛り上げていました。
ガタケット135.JPG 新潟ゆるキャラ.JPG
新潟県はマンガ家を多数輩出しており、この日は佃煮のりお『ひめゴト』(一迅社刊)展としてマンガ・アニメの原画を展示されていました。
ガタケットの坂田代表、武田さんと意見交換。
あかつき印刷の社長さんにも、ごあいさつができ有意義な二日間でした。
長年に渡り地方の同人誌を盛り上げられ、事業として継続されているということは
たいへんなご苦労があり、同時に強い「同人誌愛」があったものと思われます。
最後に、ガタケット関係者の皆様に敬意を表します。
レポート;オカダ
okada

この記事を書いた人

 / 記事投稿数:68

栄光の二代目社長。運動神経は悪いが、心は熱い! ロードバイクが命の週末ライダー。今は真剣に2020年会場問題に奔走中。

おすすめ記事

OKADA

株式会社栄光

同人誌印刷の栄光

印刷通販の栄光