『吾輩は漫画家の端くれである』東 プ-47b

栄光の代表をさせていただいております岡田です。

40年ぶりに自分の本をつくりました。数え切れないくらいの本をつくりながら、自分自身の本をつくるのは40年ぶりです。しかも、もうマンガを描く元気はないので文章です。表紙イラストだけ新たに描きおろしました。

私は何と、漫画家のプロとして1年間だけ月刊誌に連載をさせていただき、それをまとめた単行本まで発行していただきました。ほんとうに運のイイ男です。(「ハラハラくん」竹書房刊ですが、とっくに絶版です)

そして、かく言う私は年が明けると65歳になります。こんな年になるまで、同人誌に恩恵を受け仕事とさせていただいていることに感謝しています。良いコンデションで働けるのはもう5年くらいと決めています。ちょっとずつカラダもアタマもポンコツになっています。誰しも経年劣化は避けられません。これからの5年間は最後のご奉公として、皆様のお役に立てるようにもうひと頑張りします。

という想いがあり、自分が働いてきた40年の経験を書き遺すことにしました。
生家は養豚業で、休みなしで働き続ける両親の姿を見て育ち。苦労は多かったですが事業は順調だったので大学に行かせてもらえました。新宿7丁目の四畳半一間が学生生活の始まりです。そして漫画倶楽部に入部した事が、その後の人生を決定づけます。

昭和のテレビ草創期に生まれ、少年マガジン、サンデーが創刊され、漫画・アニメも時代とともに大きく繁栄し進化した時代に育ち。働く場所とした、印刷業界も右肩上がりのイケイケの昭和アナログ時代。そして「失われた30年」と言われる平成デフレ時代は、同時にデジタル化の影響とともにありました。このアナログからデジタルへの大変革期の両時代を、一心不乱に印刷業界で働き抜きました。そして最後に同人誌印刷会社に辿り着くのです。

この本には、恥ずかしながらかつて描いた4コマ漫画を8P再録しました。昭和57年ころのエピソードなので今ご覧いただいてもピンとこないでしょう。ハッキリ言ってヘタです。前向きに進めば“何とかなる”という見本としてご覧ください。

そしてサークル参加に縁のなかった私は、大晦日に東京に残ります。
12/31 東5 プ-47b サークル名;うふふブタ
誰の役に立つか分からない本を抱えて。

現在、数量限定で頒布しています(660円)。

『吾輩は漫画家の端くれである』おかだはじめ – 推し活グッズ・木製グッズ|ハンドメイドショップmoku×moku (moku-moku.shop)

okada

この記事を書いた人

 / 記事投稿数:89
栄光の二代目社長。運動神経は悪いが、心は熱い! ロードバイクが命の週末ライダー。

おすすめ記事

OKADA

株式会社栄光

同人誌印刷の栄光

印刷通販の栄光