栄光自転車競技部“広島空港&徳島編”レポート

栄光のOKADAです。

皆様のご質問にお答えします。「栄光自転車競技部」とは「弱虫ペダル」の影響をモロに受けて、できてしまった、栄光社内の自転車愛好家の集まりです。

ですから、ガチの運動部ではありません。競技はいたしません。というか、できません。

英語で言うと ”RACING CLUB” ではなく ”CYCLING CLUB” です。あたたかく見守ってください。

でも、目標は持っています。今年の目標は、しまなみ海道80㎞の走破です。11月に挑戦するつもりです。ゆくゆくは皆さんにもご案内して、いっしょにツーリングすることが最終目標です。

「御堂筋くんのグッズが少ない」とか、たわいもない自転車ばなしが楽しみです。まだまだ、自転車に関しては知識不足で皆さんのサーポートまで、できませんので、いまは経験を積む修行中の身です。

ということで、週末のライディングの様子を地域情報も交えながらお伝えします。

◇2014/9/7 広島県立中央森林公園 周回コース 12.3㎞×3周(37㎞)

E2978BE7ABB6E68A80E4BC9A-thumbnail2[1]  E2978BE6BB91E8B5B0E8B7AFE79BB4E4B88B-thumbnail2[1]
ここは広島空港といっしょに造られた森林公園の自転車専用コースです。滑走路のすぐヨコも通れば、誘導路の真下も走るという飛行機好きなら堪らない、まさに飛行場のまわりを周回する、面白いロケーションです。

E2978BE887AAE8BBA2E8BB8AE98193E381AEE6A98B-thumbnail2[1]  E2978BE5BE8CE58D8AE381AEE6BF80E59D82-thumbnail2[1]
しかし、実はロードレースの競技会が開催される本格的コースでハードでした。前半は森林の中の穏やかな風景を観ながら楽しめますが、後半の8㎞くらいから厳しいのぼり坂が3ヶ所あらわれ、キバを剥きます。今回は3周したところでギブアップ。完全な自転車専用道で一般道とは、いっさい交わらないのでプロ向きのコースです。

◇2014/9/13 鳴門徳島サイクリンク゛ロート゛ 部分往復 44㎞

E2978BE59089E9878EE5B79DE6B2B3E58FA3-thumbnail2[1]  E2978BE998BFE6B3A2E38197E38289E38195E3818EE5A4A7E6A98B-thumbnail2[1]

徳島市内の用件を済ませ、一級河川の吉野川河口から徳島阿波おどり空港間を往復。吉野川の河口に車を駐車し、荷台に積込んだロードバイクを組み立てて出発。吉野川の最下流に架かる「阿波しらさぎ大橋」(四国最長の1291m)は迫力満点。側道がかなり広く、自転車にも走りやすく作られていました。

E2978BE79C8BE69DBF-thumbnail2[1]  E2978BE9B3B4E99680E5BEB3E5B3B6EFBDBBEFBDB2EFBDB8EFBE98EFBE9DEFBDB8EFBE9EEFBE9BEFBDB0EFBE84EFBE9E-thumbnail2[1]
今回のコースは自転車専用道としてほぼ整備されて、川・海岸に沿って走る。瀬戸内海のいつもの風景とは違い、大きな海が続く。いつも通りだったのは、40kmまでは疲労感なく元気に走れたが、今回もまた40km過ぎからパワーダウンしたこと。ここが現状の体力の分岐点のようです。

翌日、広島への帰り道に香川県坂出市で念願の「うどん巡礼」

「山下うどん」「日の出製麺所」「おか泉」の3店。うどんの方が、今回は重要な目的でした。美味しかったです。

E38186E381A9E38293E5B7A1E7A4BC-thumbnail2[1]

okada

この記事を書いた人

 / 記事投稿数:65
栄光の二代目社長。運動神経は悪いが、心は熱い! ロードバイクが命の週末ライダー。今は真剣に2020年会場問題に奔走中。

おすすめ記事

OKADA

株式会社栄光

同人誌印刷の栄光

印刷通販の栄光