特殊装丁の最終形⁉ “木製表紙”

8/20に発行した『栄光 特殊装丁本 2020』はアレヨアレヨという間に3刷りで、5000部までになりました。本に興味を持たれ愛されている方が多いことと、同時に印刷会社を応援しようというお気持ちをヒシヒシと感じております。

改めて感謝申し上げます _(._.)_

栄光からこのお気持ちに応えるものとして、究極の装丁となる“木製の表紙”を考えました。厚過ぎてムリ! から始まった打ち合わせから、リング製本ならいけるんじゃないか!?

2年前に、木製バッジを1個作ることから始めた木製加工。それからコースター、各種スタンド・・・ そしてまさかのiPad用のタブレットテーブルを提案して大ヒット!! 出荷数は2000セットを突破!同人誌関係者のみならず、イラストレーター、アニメーターなど広くご利用いただいています。“瓢箪から駒”ですね。著名なプロの皆様にもご使用いただいている様で、誇りに思うのですが・・・

でも何か違う!? 栄光はIT関連のサプライヤーではないぞ! 栄光の本業は印刷・製本!!

木製グッズ製造2年の経験と製本との融合点が、今回の特別付録用に準備した“木製リングノート”。2.5mmのMDF材を調達して試作モデルを作成し、そのうち3点をご披露します。

MDF材だけでは色味がないので、贅沢な遊び紙をチョイスしてデザインを引き立たせました。

「栄光 特殊装丁本 +木製リングノート」4400円(税・送料込)

リングノート単体だと3000円の計算になります。高いでしょう!? 付加価値も希少価値も高いアイテムになります。一冊一冊を仕上げるのに時間がかかるので、大量生産ができません。その代わりに、名入れやメッセージを入れた世界に一冊の本が作れる仕組みです。

今回の販売は100セット限定とさせていただきます。ほんとうに興味のある方にお買い上げいただきたいです。今回はノートなので、御朱印帳として、聖地巡礼のお供、寄せ書き用などメモリアルノートとしてのご使用を想定していますが、目指すところは本の表紙です。

上製本に代わる選択肢として“木製表紙&リング製本”をご提供する予定です。表紙・製本オプションとしていかがでしょう? 希少な写真集、イラスト集、絵本、特別な人へのメモリアルブックとして、夢が広がりませんか!?(小ロット限定のサービスを予定)

また、「シマエナガのバッグハンガー」を筆頭にグッズ単品の販売を希望されている声が届いています。今は「特装本」の販売で手一杯なので、10月以降に単品販売を始める予定です。「木製リングノート」もその候補になっています。他にもSNS上でつぶやいてくださればウォッチしていますので参考にいたします。

okada

この記事を書いた人

 / 記事投稿数:83
栄光の二代目社長。運動神経は悪いが、心は熱い! ロードバイクが命の週末ライダー。

おすすめ記事

OKADA

株式会社栄光

同人誌印刷の栄光

印刷通販の栄光