ビッグサイト会場問題は、コミケだけの問題ではない。矮小化しないことを願う。

2020東京五輪に伴い、東京ビッグサイトが利用制限される件は相変わらず誤解している人が多ので、「よくあるご意見」に答えるかたちで説明します。

1,コミケができないくらいで済むなら、ガマンしろよ!

その通りです。

コミケだけの問題であれば、地方開催するか縮小開催するか主催者が与えられた条件の中で決めれば済む話です。本件はそんな1団体の小さな話ではありません。伝えたいことは、コミケというわずか1団体のケースだけで考えても、かなり多くの人や企業が影響を受けるということです。

ビッグサイトでは年間300件のイベント・展示会が開催されています。コミケは確かに来場者数とその熱気は驚異的ですが、300件の内の2件分のことです。どれだけ多くの展示会が断続的に開催されているか、ビッグサイトのホームページをご覧ください。20ヵ月となると約500件のイベントの開催調整が必要になります。どこかに収まるイベントもあれば、はみ出すイベントも生まれます。経済活動を20ヵ月縮小させることはもちろん。他にも就職セミナーでも活用されているので、2019-2020年の就職年次生はかなりの不便を被ると思われます。

首都圏は人口も多く経済の中心なのでイベント需要が極めて高いのです。一方まとまった平地の会場が限られます。もともと需給がひっ迫しているのに、最大会場を閉鎖したらとんでもない影響が出ます。誰でも分かる簡単な理論です。

例えば、今年4月に大学2年になる学生さんの場合は就職活動本番の2019年4月から東ホールが使用できなくなります。新1年生は就職活動本番の2020年4月からビッグサイトが完全閉鎖になります。そんな不都合な事実は誰も教えてくれません。当事者の学生さんやお父さんお母さん。今、声を上げてください。署名に協力願います。

2,他があるでしょ?

3,たまには地方で開催したら?

4,オリンピックの期間ぐらい協力しろよ! 時期をズラせよ!

国内最大のビッグサイトは8万㎡。代替になるべき2番目に広い幕張メッセ(7.2万㎡)はすでに競技場として使用決定済み。3番目はインテックス大阪(7.0万㎡)、ポートメッセ名古屋3.4万㎡、パシフィコ横浜2.0万㎡が国内の主要展示場。東京ドームは広いようでも、使える平面はグランドだけなので1.3万㎡と小さいのです。

それぞれの主要会場には従来の利用者がいるので、受け入れられるキャパは限られます。また場所はどこでも良いわけではなく、最低でも交通インフラと宿泊施設が整って受け入れられるキャパがなくてはなりません。つまり大規模会場の代替候補は首都圏どころか、国内にはありません。ビジネスの展示会が大部分で、遊びでやっているのではありません

「期間」は本番だけの2週間ではなく、20ヵ月。メディア施設への転用のための改修もあり20ヵ月の利用制限がかかり、その内7ヵ月は完全閉鎖されます。時期をズラすと、ズラした先で別件とぶつかりカブりまくります。押し合いへし合いするにも期間が長すぎます。

※1月20日に東京都へ署名提出が決定しています。現在7.5万件の署名が集まっていますが、ギリギリまで署名を集め、問題を広めるつもりです。賛同いただける方は、ご協力ください。

2019-2020会場問題特設サイト http://2020event.tokyo/

五輪開催の影で悪影響が起これば、祝福されるオリンピック開催にはなりません。

okada

この記事を書いた人

 / 記事投稿数:68
栄光の二代目社長。運動神経は悪いが、心は熱い! ロードバイクが命の週末ライダー。今は真剣に2020年会場問題に奔走中。

おすすめ記事

OKADA

株式会社栄光

同人誌印刷の栄光

印刷通販の栄光