「崖の上のポニョ」と鞆の浦

本日2/13(金)よる9時~「崖の上のポニョ」(日テレ・金曜ロードSHOW!)が放送されるので、取り急ぎのご案内です。

以前にも取り上げたことがありますが、改めて我が福山・鞆の浦との関係を再び!

スタジオジブリの社員旅行で訪れた、瀬戸内海の港町である福山市の鞆の浦を宮崎監督が、非常に気にいられました。その後、瀬戸内海が見渡せる崖の上の一軒家に数ヶ月間滞在。単身でこもり本作の構想を練り、その時の様子がNHKで放送され話題になりました。

E99E86E381B8E381AEE3838EE3839CE383AA-thumbnail2[1]  E79CBCE4B88BE381ABE99E86E381AEE6B5A6-thumbnail2[1]
鞆に辿り着くための最後の登り 坂を下ると素晴らしい景色が広がる

2/11(祝) くもり/晴れ

この時点では、ポニョが放送されることは知らなかったのですが、週末放送の「流星ワゴン」ネタにしようと、ロードバイクで鞆の浦をめざしました。観光ルートだと福山駅から海岸沿いに南下するだけなのですが、自宅から、あまり車の通らない山を抜けるコースを選択。最後に厳しい登り坂が待ち構えます。

でも、それをクリアするとご褒美のような景色が眼下に広がります。

E99E86E381AEE699AFE889B2-thumbnail2[1] E5B8B8E5A49CE781AFE381A8EFBCA0E382ABE38395E382A7-thumbnail2[1]

ポニョや流星ワゴンでも使われている典型的な景色と、有名な常夜灯です。江戸時代の港湾施設と街並みも、ほぼそのままに残っているのは、全国でも例を見ないようで、だから映画のロケ地としてたびたび採用されています。

E8A197E4B8A6E381BF-thumbnail2[1] E381A8E38186E3828DE381A9E38186-thumbnail2[1]

でも普通の観光地とは違います。景色以外には何もないと期待せずに来てください。

片道20kmを走り終え、空腹であったことを思い出した私は、常夜灯そばのオシャレな「@Cafe」ではなく(オジサンひとりで入る勇気はない)、庶民的な「とうろどう」でピラフとご自慢の挽き立てのコーヒーをいただきました。そして、香川照之さんのサインを自慢されました。

そうです、2月下旬には再度「流星ワゴン」のロケがあるそうです。知り合いたちは、エキストラに応募しています。

今週も日曜よる9時~ TBS系で放送されます。ポニョと合わせてご覧ください。で、見たからってなんの得があるわけでもありません・・・

栄光のにおいを感じて欲しいだけです。鞆の浦から栄光まで車で10分です。

E99E86E381AEE6B5A6-thumbnail2[1]
そこで、栄光が2010年に発行した「鞆の浦の旅へ」を先着30名様に差し上げます。

古くなりましたが、今でもアマゾンで販売されています。今回の「流星ワゴン」の放送の影響で、再び少しづつですけど売れています。できた当時は、地元では絶賛され5,000部まで増刷しました。もう残りは200冊くらいです。

栄光の「資料のご請求」フォームの備考欄に「鞆の本希望」とご記入のうえ、ご応募ください。いちおう、締切を2月25日とさせていただきます。

いっしょに、サンプル類を請求する必要はございません。

okada

この記事を書いた人

 / 記事投稿数:61
栄光の二代目社長。運動神経は悪いが、心は熱い! ロードバイクが命の週末ライダー。今は真剣に2020年会場問題に奔走中。

おすすめ記事

OKADA

株式会社栄光

同人誌印刷の栄光

印刷通販の栄光