多くのコメントありがとうございます。日展協・事務局に伝えました。

2日間で180件のコメントをいただきました。ありがとうございます。自分では想定できない、「何か特別な理由があるかもしれない」との考えで問いかけましたが、問題点のご指摘はほぼ予想通りのものでした。1社の意見として伝えるよりも、多くの方の意見として改めて伝える方が説得力があります。すぐに当社記事とそのコメントを、日展協・事務局の方にご覧いただくようご案内しました。

1週間で4,000名だった署名が、今回の当社の呼びかけがキッカケで1日で8,000名に倍増したことを認識され、驚き感謝されていました。そして本日、事務局から回答をいただきました。

署名のセキュリティ、種類の多さ、入力項目について

日本展示会協会を構成する主催者、会場、出展社、支援企業はすべて団体もしくは企業です。従って「B to B」を対象とすることを基本スタンスとされています。「B to C」を想定(優先)して作成してないので、現行の書式になっているとのことです。

署名サイトを日展協ホームページに作っているために、制約が多く時間がかかったようで、セキュリティの問題は内部でも認識され、遅れてしまいましたが来週には装備されます。

【改善点】署名フォームへのSSL(暗号化)の装備は来週に実施

署名活動を始めるにあたり、栄光からも「change.org」を参考例として提案しました。原案ができた段階で意見を求められたので、「社名・役職・理由」などの入力項目が多いことと、種類が複数並んでいるのは署名のハードルを上げてしまうので、シンプルな形式にしていただきたいと意見を返しました。

これ以上の協会内部の事情は分かりません。結論から言いますと署名サイトの基本構成は変わりません。まさにこれから日展協は展示会産業関連、出展社などの何万社にもおよぶ企業に対する働きかけに力を入れるとの方針です。案内文を送付してマンパワーで電話でも署名を呼びかけられるそうです。

とはいえ一般個人への働きかけもないがしろにできないので、栄光に改めて協力要請がありました。日展協から許可をいただきましたので、一般個人に向けた署名サイトを今週中に作成します。住所・名前・メールアドレスだけが必須のシンプルなフォームにします。

【変更点】個人を対象としたシンプルな署名サイトを栄光内に作成します(12/5~)

栄光はプライバシーマークを取得していますので、サイトにはSSLを標準装備しています。集めたオンライン署名は、日展協の署名フォームにデザインを揃え流し込みプリントアウトしたものをヤマトセキュリティ便などを使い責任をもって日展協に届けます。栄光を信頼していただける方は、もう数日お待ちいただきご署名にご協力ください。

【連絡点】1次締切は12月18日となりました。その時点で集まった署名は舛添都知事、東京オリンピック組織委員会、遠藤五輪相、安倍首相あてに提出されます。

日展協の働きかけにより、展示会産業を発展させるための「展示会産業 議員連盟」は組織され、すでに国会議員が80名以上参加しています。だから請願書や署名を届けることはできます。問題になるのは、その時の声の大きさ(世論の盛り上がりや、署名数)です。

メディア施設の場所として「防災公園」に固執していない

事務局に確認しました。防災公園への新設は皆様からのご指摘と同じく、防災上の懸念が上がっておりました。予算が確保できれば、新設の展示会場の屋上に大型ヘリポートを作るべきだろうとの議論もされています。当然、オリンピック以降は屋根付きの避難場所ともなり、水、発電などの防災機能をもたせれば最適ではないかという見解です。嘆願するにあたって、新設場所の提案も必須との議員連盟の指導により盛り込まれたものです。

新設場所については防災公園に固執するものではなく、より良い案があれば代替案に賛同ことも確認されています。これ件は当初の嘆願書に明記されていましたが、現在は外れています。

【改善点】請願文に「より良い案があれば、防災公園に固執するものではない」を追加

代替会場(場所)については、そもそも会場の使用を差し止める側の東京都や政府が考えるものだと思います。

同人誌即売会主催者を巻き込まないようにしています

即売会主催者が会場を借りる時の立場の弱さを知っています。「商用利用などがなく、空いていれば貸してあげるよ」というスタンスです。借りる場面だけではなく黒バスの脅迫事件の時も同じ感情をもちました。会場との微妙な関係があるので今回の運動の矢面に立つべきではないと配慮しているつもりです。

現場での署名活動を提案していないのはそのためですし、そうなってないのもこの辺の事情があってのことだと理解しています。でも、何かしないとまずいと考え地方豪族のような立場の印刷会社がしゃしゃり出て、やらせてもらっています。

またしても長文になりました。以上の回答で賛同していただける方は、空中戦ならできます。オンライン署名にご協力ください。

大きな力への働きかけは、日展協さんにお任せして、我々は個人の意志を集めましょう。

※わかりにくいですが、すぐに署名されたい方は日展協の署名サイトがあります。

okada

この記事を書いた人

 / 記事投稿数:68

栄光の二代目社長。運動神経は悪いが、心は熱い! ロードバイクが命の週末ライダー。今は真剣に2020年会場問題に奔走中。

おすすめ記事

OKADA

株式会社栄光

同人誌印刷の栄光

印刷通販の栄光